取り扱いに注意

不正入室を完全に防止、災害に強い構造です。データセンターを利用するなら弊社におまかせください。西日本最大級のデータセンターです。

hddは精密機器です。取扱に十分注意してください。

hddはさまざまな種類がありますが、市販されているのは2種類。 PCに直接接続する内蔵型とUSBで接続する外付け型があります。 どちらも同じhddですが、衝撃に非常に弱い超精密機器ですので、 持ち運びの際には十分に注意してください。 特に、内蔵型は緩衝材になるものがパッケージとなる箱しかないので、 より注意が必要です。 仮に強い衝撃を与えてしまった場合、 接続してもhddが認識しないという状況にもなるので、 保障に入っておくこともオススメします。 そして、外付けhddのパッケージや発泡スチロールは開封後も捨てないでください。 引越しの際にhddを守ってくれる役割をしっかり果たしてくれます。 この2点は、十分に気をつけてください。

認識しない状況になったときの対処法

hddが認識しないということは、基本的にあまりありませんが、 初期化していなかったり、大きな衝撃を与えたりした時には、 認識しないことがあります。 認識しないからといって諦めないでください。 保障があれば、データ復旧をしてくれますし、新品であれば、交換にも応じてくれるでしょう。 特に大きな衝撃を与えてしまい、うまく動かなくなった、認識しなくなった時には、 hddを機器から外し、購入した店にもって行きましょう。 修理してくれるか、交換してくれるはずです。 なんとなく使えてるからいいやと使い続けると、 次第に認識されにくくなり、 最終的にはデータの消失にもつながるので、 落としたら勝った店にもって行くという意識を持ちましょう。

CONTENTS

接続不良

パソコンの代表的な接続不良の一つに、外付けhddが認識しないという物があります。記憶媒体の読み込みが出来ないというのは大変です。しかし修繕に出すと費用は掛かりますが高い確立で元通りになってくれます。

 Read More

起動トラブル

パソコンが起動しないというトラブルも、人によっては頻繁に発生してしまうトラブルです。一概に故障してしまったからこの症状になってしまうと言い切れません。まずは慌てずに状態確認から行うべきです。

 Read More

おすすめ記事

サービスの活用

クラウドサービスは無料で展開されている物も多くあり、活用するととても便利です。現在では名刺管理を行う事も出来ます。貰った名刺をデジタルデータと化して、簡単に管理と閲覧が出来るようになったのです。

 Read More

一連を管理

今では企業経営においてERPパッケージは必要不可欠なシステムとなっています。しかしながら導入後の点検や維持活用は非常に重要なので、効率的に利用する為にも効果的な利用方法を考える必要があります。

 Read More

重要な情報

最近では企業経営において、人、物、金以外にも情報が非常に価値の高いものになってきています。情報を安全に管理するためにデータセンターを利用する企業も多くあります。

 Read More