接続不良

接続不良に関する問題

 パソコンの利用時、特に外付けのhddの利用ではUSB接続に関するトラブルが多いです。その中でも多いのは、パソコンと外付けhddを接続したにもかかわらず、パソコンが認識しないというトラブルです。  まず、接続したhddのフォーマットがパソコンの基本OSに対応していない場合があります。この場合、フォーマットし直す事で概ね問題は解決されます。  続いて多いのは、外付けhddが比較的古い年代に製造された製品で、利用する場合には専用のドライバーソフトが必要なのにドライバーがインストールされていないために基本OSが認識しないという場合です。  更にはUSBの供給電源以上の電源を必要とするhddのために供給電力が足りないために動作せず結果として認識しないという場合です。  これらはすべて個人レベルで解消できる問題ですので、特に料金が発生するものではありません。  ただし、これらを試してみても認識しない場合には、hddかパソコン本体が何らかのトラブルを抱えている場合があります。  その場合には、利用を中止して専門業者に点検してもらう事が必要です。  費用は症状によって異なるため金額については一括見積もりを取ってみるのも得策です。

USBの登場

 従来のパソコン環境は、周辺機器との接続には、シリアルインターフェイスやパラレルインターフェイスを利用していました。これらは電気仕様や通信規格が標準化されていたため、接続不良の場合には、多くの場合ソフトウェアの不具合に起因するものが多かったです。  その後、USB規格が標準化され、周辺機器とのインターフェイスはUSBを介して接続されるようになりました。これによって、周辺機器との接続不良に関するトラブルは軽減されました。  また、従来のhddは専用のドライバーソフトをインストールしたうえで接続を行う方式を取っていました。そのため、そのドライバーと基本OSとのバージョンのマッチングの不一致や、ドライバーソフトと外付けhddとのバージョンの不一致等によって、うまく認識しないことも多数発生しました。  これらの問題をふまえ、現在では、より広義の仕様標準化が進んだおかげで、外付けhddをUSB接続した際には基本OSが自動接続処理を行うことで認識しない状態に陥る事がほとんどなくなりました。